脳のスケッチ

てんかんに対してラミクタールはよく使われています。
ラミクタールは抗てんかん薬、双極性障害の気分安定剤として処方される薬です。
ラモトリギンを主成分として使用されている薬で、てんかんのけいれん症状に対して強い効果を発揮します。
てんかんとは、一般的に知られている手足の震えなどのけいれん症状だけでなく、意識消失などを含めた大発作、突然笑い出すなどの精神症状が生じる疾患です。
これらにより、日常生活が疎外される障害となっています。
分類としては脳出血などの外因性の疾患による症候性てんかんと、先天的な物が多い特発性てんかんがあります。
前者の場合は部分的発作にとどまる事が多いのですが、先天性の原因がはっきりしているものの場合重篤なてんかんとなります。
それでは何故ラミクタールが良いのかといえばやはり発作に対する効果が強いためです。
ラミクタールでは、Naチャネルの働きを阻害するため、興奮性神経伝達物質と呼ばれるグルタミン酸などの遊離を阻害し、それにより収縮作用を抑えます。
この薬では他のけいれん発作の薬よりも効果が望めるので、非常に有用となるのです。
また、前述した重篤なてんかんに対しても効果があるのも魅力的です。
ラミクタールは基本的にどのようなてんかんのけいれん発作にも効果があるため、この薬で効かなければ効くものは少ないとさえ言われています。
小児の難治性てんかんの一つであるレノックス・ガストー症候群にも適応がある事でも知られています。
ただし、副作用が強く、皮膚の障害であり致死性があるSJS症候群などの副作用による疾患がみられることもあります。
そのため、安易な処方が出来ない物です。
医師と相談してラミクタールは服用するべきだといえるでしょう。

記事一覧

てんかんは脳の神経が活動する際に発する電気が過剰に放電されることにより、意識障害や痙攣を引き起こす病...

ラミクタールは抗てんかん剤として知られており、ジェネリック薬の1つになっています。 ラミクタールは薬...

ラミクタールとは、てんかんの発作を予防するための薬です。 主成分はラモトリギンという、てんかん発作の...