• ホーム
  • 双極性障害にも効果が発揮されるラミクタール

双極性障害にも効果が発揮されるラミクタール

抗てんかん薬は数多くの種類がありますがその中でも特殊な薬にラミクタールがあります。
この薬はてんかん薬の中でも比較的新しい薬となっています。
ラミクタールは抗てんかん薬のためてんかんという病気にだけ対応していると思われがちですがそうではなく、様々な病気に対して効果を発揮します。
てんかんに加え、双極性障害の気分安定剤としても有用な薬となります。
さて、そのようなラミクタールはてんかんという病気において有名な発作痙攣に対して効果を発揮します。
発作痙攣とはてんかんの症状によって起きる手の震えなどの事を言います。
全身性の場合は意識消失などを引き起こすため舌の誤飲による窒息や店頭による危険が生じます。
そのような発作痙攣に対して、ラミクタールでは脳のNaチャネルをブロックし、グルタミン酸をはじめとする興奮性神経伝達物質を阻害することで、遊離を防ぎ、発作痙攣を防ぐことが可能となっています。
なお、このラミクタールは治療が困難な難治性のてんかんに対しても効果があります。
例えばレノックス・ガストー症候群と呼ばれる小児てんかんの中でも治療方法が確立されていなかったものに対する効果があるとされています。
勿論個別性がある疾患なので一概にいえませんが、てんかん薬として非常に重要な役割を担っているといえるでしょう。
なお、ラミクタールは万能ではなく注意点があります。
それは副作用の問題です。
血中濃度を上昇させると様々な副作用が出現します。
皮膚障害の中でも特に危険なSJS症候群によって以前死人が出ており、注意喚起がなされています。
また、悪心などの症状が見られる事もあるので服薬時は医師と相談しながら決めることをお薦めします。